今の仕事を「自分に向いている仕事だ」と納得して働くことができていますか。
普段は意欲高くいきいきと働いている方でも、ふとしたタイミングで

「今の仕事は自分に向いているのだろうか」
「このまま今の仕事を続けていていいのだろうか」
「もっと向いている仕事があるのではないのではないか」


と感じる場面もあるのではないでしょうか。
今回は、ご自身に向いている仕事を見つけるためのヒントをお伝えします。

 

「自分に向いていない」と感じる理由

仕事のミス

今の仕事を「向いていない」と感じてしまうのははなぜでしょうか。
代表的に考えられる3パターンをご紹介します。

自分の力(=Can)と仕事で求められることにギャップがある

一つ目は自分自身のスキルや能力(=Can)と、業務に求められるものとの間にギャップがあると感じた時です。

その中でも、「自分の力不足だ」と感じるか「力を持て余している」と感じるかにより、2パターンに分類できます。

力不足だと感じるとき

仕事にておいて何らかの力不足を痛感し、自信喪失してしまうとき、「この仕事は向いていないのでは」とネガティブな思考になってしまうことも多いと思います。

具体的には、以下のような場面があげられます

・仕事でミスや失敗をしたとき
・チームや上司、クライアントの期待に答えられなかったとき
・思ったような成果が挙げられなかったとき


自分自身に不甲斐なさを感じたり、周りの人に対して申し訳ないという気持ちもなってしまうと、「向いていない」と感じやすくなります。

力を持て余していると感じるとき

先ほどの逆に、仕事を容易にこなせてしまい、ご自身の力を持て余してしまうケースです。

今の仕事が物足りなく感じられ、「この仕事はもう向いていない、もっと別の仕事をしたい」と思ってしまうでしょう。

業務に慣れ、成長スピードが落ちてきたと感じる人なども当てはまります。

 

仕事内容と自分の志向(=Will)がマッチしない

大きな問題なく順調に仕事を進められているとしても、そもそもの仕事内容が自分の理想や思い(=Will)と違うのであれば、「向いていない」と感じてしまいます。

ここでは、「自分の適性とマッチしない」場合と、「やりたかった仕事とマッチしない」場合を解説します。

自分の適性とマッチしないとき

例えば、人と話すことが好きでない方が営業の仕事をしていたり、逆に外交的で活発な方が事務系の仕事をしていると、「自分は〇〇の方が向いているのに」「自分に〇〇の仕事は合わない」と感じてしまうこともあります。

このように、自身の適性が今の仕事に生かし切れていないと感じる場合、「この仕事は向いていない」と思ってしまうでしょう。

やりたい仕事とマッチしないとき

例えば、「グローバルな事業に携わってたくさん海外とやりとりしたい」と思っていたのに国内案件を担当していたり、「化粧品メーカーに入ってコスメの企画開発をしたい」と思っていたのに洗剤製品の営業をしていたり、やりたいと思う仕事ができないパターンです。

もともとやりたかった仕事ではないと、モチベーションが下がったり、「自分の希望とは違う、この仕事は向いていない」と思ってしまいがちです。

 

働く環境に不満がある

・職場の人間関係に苦労している
・会社やチームの方針が合わない
・残業が多い
・ノルマがきつい


など働く環境に不満がある時、たとえ仕事そのものが向いていないわけではなくとも、間接的に「仕事が向いていない」と思ってしまうこともあるでしょう。

モチベーションが上がらなかったり、ストレスにより本来の成果を挙げられなかったりすると、仕事そのものが向いていないのだとネガティブに解釈してしまう方もいるかもしれません。

 

「向いていない」と感じたときにやるべきこと

向いている仕事

今の仕事が「向いていない」と感じたら、どうするべきでしょうか。

環境を変えるのも有効な手段ですが、可能であれば、まずは今の仕事を改善するためのアクションを起こしてみましょう。
アクションを起こすことによって、これまで巡りあわなかった新たなチャンスを掴んだり、これまで気づかなかった新たなやりがいを見つけられるかもしれません。

ここからは、項目別にやってみると良いことを解説します。

自分の力(=Can)と仕事で求められることにギャップがある場合

力不足だと感じる場合

力不足だと感じている方は、仕事で成果をあげられるよう、出来る限り能力向上に努めましょう。

具体的には、商談が苦手であればコミュニケーションスキルを、文章作成が苦手であればライティングスキルを磨くなどです。
先輩や上司に積極的に相談をしてフィードバックをもらったり、書籍を読む、研修を受けるなどの方法でスキルを向上させましょう。

その結果、仕事で求められるスキルとご自身の能力のギャップがなくなり、「向いている」と思えるようになるかもしれません。

能力向上に努めても思うように成果が出ないのであれば、ご自身の能力を生かして働ける環境に異動・転職するのも有効な選択肢です。

 

力を持て余していると感じる場合

力を持て余していると感じている方は、全力で成果を上げるべく努めながら、積極的に上司にアピールしたり、直接やりたいことを伝えてみましょう。

単に、上司はあなたがそう感じているのを知らなかっただけかもしれません。

優秀な人材を持て余す/失ってしまうのは組織としては最も避けるべきことなので、理解力のある上司であれば、あなたがそう感じていることが分かったら、あなたにチャンスを与えてくれるはずです。

それでも、あなたの気持ちを理解してくれない、あなたの能力を正しく評価してくれないようであれば、転職するのも一つの手です。

 

仕事内容と自分の志向(=Will)がマッチしない場合

自分の適性とマッチしないと感じている方、やりたい仕事ではないと感じている方も、まずは今の仕事に全力で取り組んでみましょう。

本気で取り組んでみることで、それまで気づいてなかった自分の適性が発見できたり、その仕事で成果が上がることによって、その仕事の面白さを感じられるようになるかもしれません。
その結果、今の仕事を好きになる・向いていると感じられるかもしれません。

ただし、自分の気持ちに嘘をついて働き続けることは大きなストレスになります。
そのため、全力で取り組んでみても「向いている」と感じられなかった場合には、そう感じる環境に異動・転職することをお勧めします。

また、「やはり向いていない」という結論に至った場合でも、その経験は無駄にはなりません。
やがて点と点が線になり、振り返って「良い経験だった」と思える時がくるはずです。

 

働く環境に不満がある場合

働く環境に不満を抱えているのであれば、勇気を出して声をあげてみましょう。

上司に言っても変わらない/言いづらいのであれば、上司のさらに上の人に話してみるのも有効です。
案外、簡単に環境が変わり不満が解消されるかもしれません。

働きやすい環境を作ることで社員がパフォーマンスをあげられるようになれば、会社にとってもプラスに繋がります。

ただし、過剰なストレスのかかる環境に居続けることは、あなたのメンタルにマイナスの影響を与えるだけでなく、結果的に力を発揮しづらくなり、あなたのキャリアにとってもマイナスになってしまいます。

そのため、言っても変わらないのであれば、あなたが働きやすいと思えて、力を発揮できる環境に転職するのが、長期的なキャリアにとってプラスとなります。

 

環境を変える場合の注意点

環境を変える

環境を変えることは決して悪いことではありません。

しかし、勢いだけで転職すると転職先でも「向いていない」と同じ悩みを抱えてしまう事態になります。

必ず、「なぜ今の仕事が向いていなかったのか」「どのような仕事が自分に向いているか」を明確化した上で、環境を変える判断をしましょう。

第二新卒の転職で失敗しないために。失敗パターンを知り、正しく回避しましょう

 

「向いている仕事」を見つけるための考え方

考え方

では、どのような仕事であれば「自分に向いている」と感じられるのでしょうか。

ここでは、「向いている仕事」を見つけるための考え方を、3ステップに分けて解説します。

自分のやりたいこと(Will)を明確化する

まずご自身が何をやりたいのか、仕事を通じて何を成し遂げたいのかを明確にしましょう。

これはキャリアの棚卸しの作業と並行しながら行うことをお勧めします。
今までの仕事を振り返り、

・なぜ現職や前職を選択したのか
・仕事でやりがいを感じたときはどんなときか
・何に対して、やりたくない、不満だと感じたか
・何に向いている/向いていないと感じたか


これらの問いを一つずつ言語化してみましょう。

そこから、ご自身がどのようなことにやりがいを感じ、どのような志向を持っているかが見えてくるはずです。

 

自分にできること(Can)を分析する

自分にはどのようなスキル・経験が備わっているのかを客観的に分析します。
自分が携わってきた業務経験を振り返り、

・どのようなスキルを身に付けてきたか
・それらをどのように業務に生かしてきたか
・どのようなスキルが不足しているか
・それらは今後の仕事に必要となるのか、必要ならどのように身につけるか
・どのスキルを強みとして仕事に生かしたいのか


これらを棚卸ししながら書き出していきましょう。

ご自身の持っているスキル・その中で強みとしていきたいスキルが分かるようになります。

 

どのような環境が自分にあっているのかを分析する

たとえ自分自身のWill、Canを満たす仕事だとしても、仕事とはひとりでは行えないものです。
働く環境も仕事において極めて重要になります。

・どのような状況にストレスを感じるか
・どのような状況に居心地の良さを感じるか

 

今までの経験をもとに、自分にあった環境はどのようなものかを明確化させましょう。

キャリア戦略設計の方法【理想のキャリアを歩む地図を手に入れる】

 

 

周囲の人に相談することも大切

環境を変える決断をすること、どのような仕事が向いているかを分析することは、一人ではとても大変なことです。
周囲の人にも相談し、積極的に意見やアドバイスをもらうことをおすすめします。

ご自身をよく知る家族や友人、仕事の状況をよく知る同僚や先輩・上司、あるいは社外メンターに相談するのもよいでしょう。
自分自身が気が付けなかった強みや弱み、適性が見えてくるかもしれません。

十分に時間をかけ、沢山の意見をもらいながら、ご自身で納得のいくキャリアを歩んでいきましょう。

 

Ex-Workでは、キャリアアップを目指す20代ビジネスパーソンを対象に、キャリア戦略設計〜スキル習得〜転職活動をワンストップでサポートするキャリアアップスクールEx-Careerを提供しています。

目先の転職だけでなく、長期的なキャリアの成功を見据えて、現時点のベストなキャリア戦略を構築します。
転職を迷っている方、キャリア設計をしたい方、転職を成功させたい方は、ぜひ無料個別相談にお越しください。

URL:https://www.exwork.jp/ex-career